100円ショップの売れ筋商品のひとつに電池があります。
気軽に安く、大量に買ってストックしておける、便利グッズという観点もあってのことですが、果たして100円ショップで売られている電池はお得ななのでしょうか。

電気店で売られている、少しお高めの電池と比べてみた場合、実は長持ちという視点からですと、安物買いの銭失いになっている傾向にあります。


いわゆる、安かろう悪かろうですね。



私はラジオを一日中つけっぱなしているのですが、100円ショップのですと、頻繁に交換しなければなりません。結局損をしているのではないか、とさえ思えます。

昨今騒がれ始めている防災の観点からも電離のストックは必要ですので、余裕のある時にか買っておきたいものですが、その際、100円ショップのものは避けたほうが無難です。



といいますのも、電池というものは、使わなければもつというものではないからです。



ただそこにおいてあるだけでも自然に放電しているので、いざという時役に立たないことがあり、その点、一流メーカーのものですと、結構長く保存しておけますし、いざという時に使えないということはあまりありません。

保存しておくばしぉですが、懐中電灯やラジオのそばはもちろん、常に持ち歩くバッグの中にも入れておくといいでしょう。

携帯ラジオや、小さい懐中電灯と一緒に持ち歩く習慣をつけると、外出先で災害に見舞われた時にも安心です。


災害はいつ何時襲ってくるかわかりません。
日頃の心構えと、少しの用心さがあなたの身を守ることになるのです。